基幹事業について||投資不動産流通協会について|一般社団法人 投資不動産流通協会

投資不動産流通協会について

基幹事業について

(一社)投資不動産流通協会の基幹事業

全国における安全で適正な投資用不動産取引を推進するために、一般社団法人投資不動産流通協会を設立するに至りました。本協会にて投資用不動産取引の実務と専門知識を習得することによる貴社の増々の発展とに寄与できると確信しおります。

 居住用戸建やマンションの仲介と異なる投資用不動産売買・仲介の業務内容。査定方法から重要事項の説明など、「投資用不動産仲介のための知識」が必要になってきます。したがって、投資用不動産の売買・仲介に慣れていない不動産会社様は、「案件がきたら仲介をする」という程度にその活動を留めているのではないでしょうか。  当協会では、「投資用不動産売買・仲介の知識がない/普段はあまり取り扱いがない不動産会社様」であってもレベルの高い売買・仲介ができるよう、ノウハウをご提供いたします。
 今まで、投資用不動産売買・仲介の経験のない会社でもすぐに事業化できるノウハウをご提供。


【一般社団法人投資不動産流通協会 基幹事業】

 1.会員専用資料の提供
 2.投資不動産取引士専用資料の提供
 3.(一社)投資不動産流通協会認定試験制度の実施
 4.各種営業資料の使用方法に関する講習会の実施
 5.会員向け研修・講習会の実施
 6.投資不動産市場及び取引に関する情報の提供
 7.賛助会員の商品、サービスの優遇提供
 8.会員向け営業後方支援ツールの提供


banner_chohyo.png


(一社)投資不動産流通協会のめざすこと


<協会関係イメージ>


kyoukaiimage.jpg




menber_banner.png



kyoukaiimage2.jpg



 投資用不動産は第三者に賃貸することによって収益を上げる不動産商品です。投資家の目的は、不動産で購入した物件によって収益をあげることとなります。つまり、物件の所有は目的ではなく、収入を得るための手段なのです。そのため、投資用不動産の売買・仲介において所有権移転、物件の引渡しをもってその業務が終了することはありません。また、投資用不動産を購入する一般ユーザーの動機は様々ですが、不動産業者は彼らの最終目的をしっかりと理解して、トラブルのない安全で適正な取引を行うために日々研鑽しなければならないのです。

 当協会は、投資用不動産の売買・仲介に関する日本初の全国統一基準を確立すると共に、実際の業務を担う不動産業者の知識・実務レベルの向上をその主な取り組みとしますが、将来的には当協会が関係者の皆さまとともに築きあげた内容が全国的に波及し、国内における投資用不動産の売買・仲介においてなくてはならない存在となるべく発展させることをビジョンとし、そのために以下の事がらを行ってまいります。


<協会の推進内容>

① 投資用不動産を所有することのリスクとメリットを明確にし、安全な取引を推進していく
② 投資用不動産市場を「開かれた市場」へと変えるべく、投資不動産を誰もが所有できる
  環境を整える

③ 住宅ローンのような金融システムの研究・創設と金融機関との連携
④ 地域特性を勘案した、全国で統一された取引内容の確立
⑤ 投資用不動産売買・仲介の実務を担う人材の育成
⑥ 宅建業関連協会・団体との連携による政府機関への働きかけ