ほけん申請の窓口||会員専用サービス|一般社団法人 投資不動産流通協会

会員専用サービス

ほけん申請の窓口

ほけん申請の窓口火災保険で屋根などの修繕工事ができます


■ ほけん申請の窓口とは



オーナー様(被保険者様)が現在ご加入中の火災保険を適正利用し、屋根の修繕工事をおこなうサービスです。
火災保険の災害保険金を利用するため、工事費の実費負担は一切ありません。
火災保険は等級がないため、保険を利用しても保険料は上がりません。
※戸建・アパートいずれも対応可能です。


みなさまの物件ではこのような症状はございませんか?


■ サービスのご利用はとっても簡単!



オーナー様(被保険者様)から「ほけん申請の窓口」サービスご利用のお申込書を頂くだけです。
保険申請用の調査から必要書類の作成、保険支給後の工事までワンストップで日本住宅保全協会が行います!


火災保険適用で実質負担0円でこれらの屋根+付帯部の修繕ができます


■ サービスご利用上の注意



1.申請用資料の作成、現場調査費などを含め、申請にかかる被保険者様の実費負担は一切ございません。
2.保険申請の結果、支給された災害保険金は修繕工事費としてすべて利用させていただきます。
  また、保険金支給後の修繕工事につきましては、一般社団法人日本住宅保全協会の指定する工事会社にて
  行わせていただくことがサービスご利用の条件です。
3.災害保険金による修繕工事は、保険会社に被災認定された箇所のみとなります。
4.修繕工事は全て支給された災害保険金で収めるため、工事費用について被保険者様に実費負担がかかることは
  一切ございません。
5.保険金支給後、万が一工事を行わない場合はキャンセル料を頂きますでのあらかじめご了承ください。




さらに詳しい内容はこちら




日本住宅保全協会とは


自然環境と共に歩む



新築至上主義の日本。住宅業界は『建てては壊し』を繰り返してきました。

我々日本住宅保全協会は、個人住宅の資産価値を維持するための活動を通じ、維持・循環型の社会に貢献し、少しでも自然環境を保護することを目的と して各種事業を行なっております。

そのような活動を継続していくことこそが、地球の自然環境保護に繋がると信じて、協会会員並びに協会職員が一丸となり取り組み、地球環境の保全に 寄与することを活動理念としております。


最適な居住空間を全ての方へ



屋根・外壁にはじまり、屋内の水まわりや電気設備など、目には見えにくいですが、
確実に時間とともに傷んでいきます。

しかしながら、住宅、特に戸建の修繕費用はみなさまにとって大きな負担となっていることも事実です。
住まいを最適な状態に維持したいが、どうやっ てそのコストを捻出すればいいのか。

この難題を解決すべく、我々日本住宅保全協会では日夜研究を重ね、
お客様のご要望に応えるべく努力を重ねております。

みなさまの大切な資産である住宅の価値を長く維持し、あるいは高めていくことを目的として、
我々日本住宅保全協会は活動を行っております。


jhdrc_img01.jpg




ご挨拶


chairman.jpg日本住宅保全協会の「ほけん申請の窓口」では、火災保険というめったに使われることのなかった保険の適切な申請をサポートすることによって、被保険者のみなさまへ大きなメリットを生み出してまいりました。

当サービスを立ち上げて5年。
多くのお客様の保険申請をサポートし、また同時に多くの建物の修繕に携わってまいりましたがそれでもまだ、火災保険が台風や大雪などの自然災害に よって引き起こされた建物被害に対して保障する保険であるということをご存じない方が多くいらっしゃいます。

私共はこの「ほけん申請の窓口」を通じ、火災保険の本来の役割などを多くの方へ啓蒙し、知らない人が損をしてしまうということがないように今後も
活動の幅を広げていく所存です。

ほけん申請の窓口
運営:一般社団法人日本住宅保全協会
代表理事 酒井孝




(一社)投資不動産流通協会様とのアライアンスのなかで、当協会としてはこれから義務化が予想される不動産売買時におけるインスペクションにおいて特に外装部分について我々のサービスと連携をしていくことが、不動産オーナー様並びに(一社)投資不動産流通協会様所属の不動産管理会社様にとって大きなビジネスチャンスとなると考えております。


一般社団法人日本住宅保全協会 http://www.jhdrc.com/  

●お問い合わせ先
http://www.jhdrc.com/contact/

※(一社)投資不動産流通協会様会員企業様におかれましては必ず備考欄に「(一社)投資不動産流通協会様より紹介」とお書き添えください。